北海道の米どころ JAピンネの公式ホームページです。安全・安心な農作物を全国へ!

北海道樺戸郡新十津川町字中央6番地29

事業内容

事業内容

ピンネ農業協同組合は平成10年2月JA新十津川、JAしもとっぷ、JAうらうすの3JAが合併し誕生しました。石狩川の西側沿いの新十津川町と浦臼町に位置する北海道有数の穀倉地帯です。 国道275号線と学園都市線が穀倉地帯を縦断する管下は、水稲を中心にミニトマト、メロン、インゲン、スイートコーン、ブロッコリー、長ねぎ、アスパラ、スイカ、花き、玉ねぎ、馬鈴薯、ワイン用のブドウなど農産物は多岐に亘って生産されております。
特に水稲は作付面積が約5,081.1ha(H29)と広大で、また中空知米ブランド「北海道の中心蔵」の主産地としても確立されています。



農地の概要(平成29年)

 

 
 

 
 

 
 



パンフレットダウンロード


組合概要のパンフレットをPDFでご覧いただけます(2017年版)